サイクル・アーティスト 谷信雪 | カフェの展示用ヴィンテージ自転車
サイクル・アーティストの谷信雪のオフィシャルページです。数十年前のデッドストックのヴィンテージパーツを使用し、フルカスタムでオーダーメード自転車を製作しています。
自転車, アート, 谷信雪, サイクル, アーティスト, サイクルボーイ, 茅ヶ崎, 作品, Kapital, 45RPM, ストラスブルゴ, ヴィンテージ, Ashida, アシダ, Ryuka, リュウカ, デザイン
50697
single,single-portfolio_page,postid-50697,eltd-core-1.0.2,ajax_fade,page_not_loaded,boxed,borderland-ver-1.5.1, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,,grid_1300,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.2,vc_responsive
 

カフェの展示用ヴィンテージ自転車

カフェの展示用ヴィンテージ自転車

カフェの横に自転車を展示したいという依頼で作った作品。フレームはシュイーンというアメリカのもので、1950年代のヴィンテージフレーム。日本のヴィンテージの泥除けをつかっています。本来は後ろにつける泥除けを前に、前に付ける泥除けを後ろに付けています。それによって、古いノスタルジックな雰囲気をだしつつ、「50年代や60年代の未来感」を出してみました。ハンドルは日東という日本のメーカーの1970年代のデッドストックのドロップハンドル。サドルはオランダのレッパーというヴィンテージサドルを使用しています。ヴィンテージ・ビーチクルーザーにドロップハンドルを付けることによって、アメリカの古いテイストと日本の古いテイストを上手く織り込んだ作品です。